犬の口臭い

子犬の口臭原因とそれを消す方法!

子犬の口臭原因とそれを消す方法

 

 

 

犬を飼いだして、とても可愛い子犬なのに、口臭がしているようだと感じることがあります。

 

よく、成犬になってから、長年オーラルケアをしていないことが原因で口臭がしてくることはあるのですが、子犬の頃からしているという飼い主もいます。

 

 

子犬の頃からの口臭で考えられる原因としては、いつまでもやわらかいものばかりを与えているということが考えられます。

 

子犬ですから、飼い主も心配して、長い期間やわらかいフードを与えがちです。

 

しかし、早めにドライフードに切り替えることで、歯垢が付きにくい状態になりますし、固いフードを食べることで、乳歯も抜けやすくなるのです。

 

 

子犬の頃から口臭が気にならないようにする為に、早くから歯みがきを慣れさせるというのもいいでしょう。

 

 

 

子犬の口臭を消す方法は?

初めて犬を飼いだしたら、子犬が思っていた以上に口臭がするということがあります。

 

この、口臭ですが、やわらかいフードから固いフードに切り替えることで多少は防ぐことが出来るでしょう。

 

 

しかし、ドライフードに変えてから臭うようになったという飼い主もいます。

 

この口臭を治す方法は、ドライフードの種類を変えてみるという治ることがあります。

 

作られている成分で、どうしても臭いが気になるようです。

 

主にお肉を使っているドライフードのほうが臭いがしますし、メーカーによって変わってきます。

 

 

あと、子犬の頃から、しっかりと口の中を覗き、歯並びが整っているかも確認します。

 

歯並びを治すことで、口臭が止まることもありますので、獣医に相談してみましょう。

 

 

⇒【要チェック!】犬の口臭の改善に効果のあるサプリランキングはこちら