犬の口臭い

犬の口臭原因は腸内環境の悪化にある!

犬の口臭原因は腸内環境の悪化

 

 

 

犬の口臭、どうにかして治したいものです。

 

口臭だから、口の中が原因だと思われがちですが、実は腸内環境が原因で口臭が酷くなっているということもあるのです。

 

 

 

犬は、人間以上にストレスを感じやすい動物です。

 

群れの生活が当たり前のはずなのに、狭い家の中に一人でお留守番をさせられると、ストレスが溜まってしまうのは当然でしょう。

 

人間も犬も、ストレスで腸内環境が悪化します。

 

腸は、善玉菌で調子を整えているのですが、ストレスが溜まることにより、悪玉菌に支配されてしまうのです。

 

この悪玉菌が増殖することで、口臭にまで及んできます。

 

 

 

人間も胃や腸が悪くなった人が、口臭が酷いということがありますが、犬だって胃や腸が悪くなると、口臭が酷くなります。

 

犬にとって、ストレスの溜まらない生活をさせてあげるのも、飼い主の役目だということをしっかりと認識しましょう。

 

犬を飼ったからには、犬の命の最後まで、全て面倒を見るという覚悟を背負うつもりで飼わなければなりません。

 

 

 

普段から毎日歯みがきをしているけど、口臭がするというのであれば、腸内環境が良くないのではと疑ってみる必要があります。

 

飼い主の判断だけでは、わかりづらいことも多くなるので、獣医師に必ず診てもらいましょう。

 

腸内環境は、早めの処置で治すことが出来ます。

 

お薬を飲ませてあげることで、少しずつ犬は元気を取り戻すことでしょう。

 

 

 

犬は飼い主だけを信頼しています。

 

早め早めの処置を必ずしてあげましょう。