犬の口臭い

犬の口臭予防!歯磨きを始めるタイミングと頻度

犬の口臭予防!歯磨きを始めるタイミングはいつなのか

 

 

犬も歯垢や歯石が多く付いてくると、口臭がひどくなってくるようです。

 

室内犬として飼っていると、どうしも口臭まで気になってくることでしょう。

 

 

この口臭を防ぐためには、歯みがきをして歯垢や歯石を落としてあげるようにします。

 

しかし、急に歯みがきを始めても、犬は気持ち悪がって口を触られるのも嫌がることでしょう。

 

 

このようにならない為に、歯みがきは始めるのは子犬の3ヶ月頃までには始めるといいです。

 

この時期は、何でも抵抗せずに受け入れることが出来る頃です。

 

 

無理矢理というのはよくありませんが、少しずつ鳴らしていくことが出来ます。

 

子犬を遊びながらの気分にさせ、歯みがきが楽しいものというように思わせましょう。

 

愛犬の為に、子犬のときからオーラルケアをしてあげましょう。

 

 

 

犬の歯磨きをする頻度はどのくらいが適切?

犬のオーラルケア、歯みがきを可愛い愛犬の為にしてあげるということはわかりましたが、どれくらいの頻度でするのか迷うこところでしょう。

 

自分に置き換えてみたらどうでしょうか。

 

自分の歯みがきの回数は食後の度にしているという人が多いでしょう。

 

 

 

犬だって、本当は食事をしたら歯みがきをするべきなのです。

 

最近の犬の食事は、歯垢が付きやすい食事になってしまいました。

 

もし、人間が食べているものをあげているというのでしたら、もっと歯垢がつきやすいです。

 

ドライフードより、ウェットフードのほうが歯垢はつきやすいということも覚えておきましょう。

 

 

毎回歯みがきとなると難しいのであれば、1日1回はしてあげて欲しいです。

 

そして、1年に1回が歯の健診に行きましょう。

 

⇒【要チェック!】犬の口臭の改善に効果のあるサプリランキングはこちら