犬の口臭い

犬がかかりやすい口の病気ランキング

犬がかかりやすい口の病気ランキング

 

 

 

犬は、昔と違い食べ物が変わりました。

 

野生の頃は、歯みがきなど全くしなくてもよい食べ物を食べていたのですが、人間に飼われるようになってからは、毎日でも歯みがきが必要となったのです。

 

 

でも、歯みがきに対して、どうしても抵抗があるという子がいますし、なかなか口の中を見せてくれない、触らせてくれないという子がいます。

 

こうなると、飼い主は愛犬のオーラルケアを諦めてしまうでしょう。

 

しかし、オーラルケアを諦めてしまうと、犬は口の病気を引き起こしてしまうので、やはり飼い主は大変なのですが、日々の努力忘れないで下さい。

 

 

 

犬にとって、口の中で一番かかりやすい病気は、歯周病です。

 

歯肉炎も多くの犬が抱えている病気です。

 

歯周病や歯肉炎は、愛犬の口臭もひどくなってきますので、日頃から臭いに注意してあげましょう。

 

 

そして、口内炎にかかりやすい子もいます。

 

歯垢がひどくなり、歯石が溜まっているという子も最近では増えています。

 

 

このように、歯垢、歯石、そして歯周病や歯肉炎は、犬とってのオーラルケアで少しでも防げる病気です。

 

犬が噛みついてきたらとか、犬が口の周りを触らせてくれないなど、なかなか難しい問題ですが、犬にとっては大きな病気になるかもしれないのが口の病気です。

 

 

あと、草やプラスチック製品などで、アレルギー症状を引き起こし、口唇炎になる子がまれにいるようです。

 

このタイプは、オーラルケアとは違いますが、犬が口の周りを異常に気にしていたら、早めの対処をしてあげましょう。