犬の口臭い

犬の虫歯と歯周病の違いは?

犬の虫歯と歯周病の違いは?

 

 

犬は、元々虫歯にはなりにくい動物とされています。

 

虫歯になるのは、歯の表面に付いた歯垢で、虫歯菌が増えて徐々に歯の表面を溶かし、虫歯になっていくといわれています。

 

犬は口の中が、虫歯菌を増殖しづらい環境となっていますので、人間と比べると虫歯になりにくいのです。

 

 

しかし、犬は歯周病にはなりやすいといわれています。

 

毎日のオーラルケアが不十分で、歯の表面や歯の間に歯垢がたまりやすくなります。

 

この歯垢が、時間が経つにつれ、歯石をなり歯周病とやっかいな病気を引き起こす原因となるのです。

 

 

 

毎日のオーラルケアが出来ていない、犬の口の中を見ていると、歯は黄色だったり茶色だったりします。

 

本当は白くて立派な歯だったのですが、見る影もないほどになっているでしょう。

 

そして、子犬から大人になるまでやわらかいものばかりを食べていたこともあり、乳歯が残っているという子も多いのです。

 

乳歯が残ったままで、大人の歯も生えていたらどうなるでしょうか。

 

 

人間と同様に歯並びがとても悪くなってしまい、歯と歯の隙間が増え、歯垢がとても溜まりやすい状態といえます。

 

普通にオーラルケアが出来ていないというだけで、歯周病になりやすいのに、歯並びが原因でもっと歯周病になりやすいのです。

 

 

 

飼い主にとって、とても大切な愛犬です。

 

少しでも早い段階で、歯周病になるのを食い止めましょう。

 

子犬の頃から、歯みがきに慣れさせ、口の中のチェックをしてあげることが大事です。