犬の口臭い

歯磨きが苦手な犬に歯磨きする方法【小型・中型・大型犬】

歯磨きが苦手な犬に歯磨きする方法

 

 

小型犬の歯磨き

歯磨きが、どうしても苦手という子がいます。

 

せっかくの家族になったのですから、愛犬には健康で長生きしてもらいたいと思うのが当然です。

 

 

犬を飼うのであれば、歯磨きをしてあげることをしっかりと頭の中に入れておいて下さい。

 

特に、小型犬の場合は、元々骨格が小さく、顎も小さいこともあり、歯並びが悪くなる傾向があります。

 

 

小型犬で歯磨きが苦手な場合は、犬を後ろから抱っこをしてあげます。

 

抱っこをすることで固定出来るので、嫌がっても安心です。

 

そして、慣れるまで湿らせたガーゼを指に巻きつけて、優しく撫でるように口の中へ入れましょう。

 

 

口の中に食べ物以外を入れるというのは、抵抗がありますが、優しく声を掛けながら歯磨きに慣れさせてあげましょう。

 

 

 

中型犬の歯磨き

犬に歯磨きをするのは、成犬になってからというのは、とても大変なことです。

 

元々、犬の口の中に食べ物以外を入れるというのは、ありえない行為なので仕方がないのです。

 

 

しかし、嫌がっても歯磨きをしなくては、後で可哀想な思いをさせてしまうので、飼い主は努力が必要です。

 

歯磨きを嫌がる中型犬には、最初は歯磨きガムなどで慣らしながら、おこなっていくのもいいでしょう。

 

徐々に、口の中を見せてもらい、歯茎を触ってみるなどして、口の中を触るという行為に抵抗がないようにします。

 

 

最初は、歯磨きシートというグッズを使用するのもいいでしょう。

 

歯磨きをするとスッキリするということを、覚えさせてあげます。

 

そして、歯ブラシで磨いてあげるのがいいのですが、小さなものもあるので苦手な子には便利です。

 

 

 

大型犬の歯磨き

歯磨きが苦手な大型犬の場合、子犬の頃から慣れさせておかないと、飼い主は大変なことになるでしょう。

 

成犬になってから、歯磨きをしようとしても、口の中に異物が入ると抵抗して、飼い主の手を噛んでしまうかもしれません。

 

 

歯磨きが苦手な大型犬だと、危険と隣り合わせなのです。

 

こんな子の場合は、飼い主と遊びの気分で慣れさせていくのもいいでしょう。

 

細長いおもちゃや枝を使って、口の中に入れて遊ばせます。

 

この延長の気分で、歯ブラシを口の中に入れて少しずつ磨いてみるといいです。

 

 

大型犬になると、口も大きく長くなりますので、大型犬用のロング歯ブラシを使うと奥まで届きやすいです。

 

大切な愛犬の為に、慣れるまでは大変ですが、歯周病予防を行いましょう。

 

⇒【要チェック!】犬の口臭の改善に効果のあるサプリランキングはこちら