犬の口臭い

犬の口臭を手術で治す時の費用と時間

犬の口臭を手術で治す

 

 

犬の口臭が、とんでもなく酷いと悩まれている家族もたくさんいます。

 

もしかしたら、手術でもしたら治るのではと安易に考える飼い主もいるほどです。

 

 

口臭は、ほとんどの場合が、歯垢や歯石が溜まったことによる歯周病が原因です。

 

歯周病から歯肉炎なども起こし、ここから臭いが酷くなっているといえるでしょう。

 

 

歯石が歯周ポケットの奥深くまで付着していたら、犬は全身麻酔の手術を行い取り除くしかありません。

 

歯肉炎も、全身麻酔で切除することが可能でしょう。

 

 

 

手術をすることにより、口臭は少しでも治まるのですが、犬によって全身麻酔が出来ないという子もいます。

 

高齢になっている場合も、全身麻酔は負担が大きく手術が出来ません。

 

口臭は、犬にとって飼い主の責任問題といえるでしょう。

 

 

 

手術の費用とかかる時間

犬の口臭が酷いという場合には、歯石を除去することにより、少しでも臭いを抑えることが出来ます。

 

この歯石除去はですが、手術を行うことで、より深い歯石を取り除けます。

 

 

気になる、歯石除去の手術の費用は、小型犬なら15000円ほどです。

 

この費用の中に麻酔料や技術料、モニター料を含んでいるようです。

 

中型犬、大型犬となってくると、20000円以上という費用が掛かってきます。

 

 

 

手術になるので、もしかしたら入院ということも考えるでしょう。

 

手術時間は半日で済み、お迎えに行ったらほとんどの子が麻酔から覚めているそうです。

 

 

飼い主には、料金のことを考えると負担がありますし、犬にとっては体に負担が掛かることです。

 

出来ることなら、手術を行わないように日頃から管理してあげましょう。